坐禅儀提唱(三)


「徐々にして身を挙げ、前後反覆し左右揺振して、すなわち正身端坐す」

 骨盤の傾き具合を調整するのが前後反復してというところ、座骨から両膝の安定が左右に揺振ということです。これをもたもたやっていてはいけません。素早くできるようにしないといけません。これは個人差があります。すぐに出来る人もいれば身体が固くてすぐに痛くなってしまう人、筋肉の弱い人などは血流の滞るることで足がだるくなってしまったりします。少しずつ少しずつ慣らしていく。決して諦めたり、焦ったりしないことです。私は鉄舟会の一炷でも地獄のようでした。力みがありました。しかし、時間はかかりましたが、慣れてくると一炷や二炷では物足りない位に感じます。

 

「左に傾き右に(そばだ)ち前に(かがま)り後ろに仰ぐことを得ざれ」

 この左右の点検は、自分ではわかりづらいと思います。これを正すのは直日の役目です。何炷も何炷も坐っていると自分は真っ直ぐにしているつもりでも傾くことがあります。前後はまだわかりやすいのですが、左右が非常にわかりづらい。姿勢が傾くと禅定に入りにくいということもありますが、物理的に体に負担がかかりますから、坐禅が長続きしません。ですから、直日に直された時に自分の目で目標を定めておきます。僧堂だと前方にある連子窓の格子一本一本で姿勢がどこまで直されたかを見て、そこに向けて姿勢を修正するようにします。自分の家や鉄舟会で坐る時も姿勢をあらかじめ誰かに見てもらって目印を決めておくと良いでしょう。

 

腰脊( ようせき )頭頂骨節を相い( ささ )え、( かたち )浮屠( ふと )の如く(せし )めよ」

 浮屠( ふと )というのはストゥーパ、仏塔です。腰骨から頭のてっぺんまで相い支え、ピラミッドのように(かたち ) がどっしりとして立ってるようにしろと。これは簡単に書かれていますが実際にはむずかしいと思います。僧堂では、直日が雲水の腰に巻いた( )っとい手巾を持ってぐうっと引っ張り上げます。すると、腰がぐうっと入ってくる。それを新到の間に、何度も何度もやられます。背骨がS字カーブを描かないと正しい姿勢にならないのですが、私の経験ではS字カーブを描くために一番大切なのは骨盤の前傾だと思います。後傾するとS字カーブが崩れるのでピラミッドのような容がつくれません。大森老師は股の間に丹田をぐっと入れろというように表現しています。まさしくそれは骨盤を前傾させることです。

 骨盤を前傾させるためには、お尻の筋肉と鼠径部の柔らかさが必要です。また、太ももの後ろのハムストリングが弱いと支えきれません。腰にぐっと力を入れてやればいいだろうと思うかもしれませんが、腰やお尻の筋肉が緊張していると、腰の前傾がうまくできません。また、筋肉の弱いのも骨盤の前傾を難しくします。

鉄舟会では、直心陰流の法定をやっています。これは筋肉を鍛える上でも大きな意味があると思います。僧堂では激しい作務がありますから、これはもう嫌でも鍛えられています。

 

「又、身を( そび )やかして大きに過ぐることを得ざれ。人を( )て気急して安からず」

 これは今言いましたように、物理的なことを考えもしないで、むやみにぐうっとやろうとしても、それは、気ぜわしくなるだけで、ちっとも落ち着きませんよという注意です。

 

「耳と肩と対し鼻と( ほぞ )と対し、舌上顎を拄え唇歯( しんし )相著( あいつ )( しむ )ることを要せよ」

 耳と肩、鼻と臍の関係で坐相の点検について述べています。そして舌を上歯ぐきにつけて口をキリット結びなさいと。大森老師の参禅入門には、きちんとした坐ができれば、自然にできると書かれています。呼吸が安定してきて、丹田のところに気が集中してくると自然にこうなります。その時に、口の緊張を緩めると一挙に丹田の気が抜けることがわかります。ですから、坐禅の始めからこのようにしておいた方がよいと思います。しかし、口を食いしばるのは絶対にしてはいけません。

 

( まなこ)を須らく( すこ )し開き、昏睡を致すことを免るべし。若し禅定を得れば其の力、最勝なり」

 ほとんどの方は、坐禅は半眼だと思っているのではないでしょうか、私の僧堂時代は活眼でした。閉目、開目、半眼、活眼の四つがありますが、開目していても、半眼と同じく定に入っていくことができます。活眼か開目かの違いの一つは瞬きです。丹田呼吸が落ち着いて出来上がってくると、瞬きをしなくなります。だいたい呼吸の四回か五回に一回ぐらいしか瞬きしない。それが活眼です。昏睡を致すことを免るべしとありますが、半眼にしていても眠る人は眠ってしまいます。一方、どんなに作務がきつかろうが、どんなに睡眠が短かろうが、眠ない者は絶対に眠りません。なにがそういうことをさせるかと一言でいえば真剣の度合いです。

坐禅して公案の見解( けんげ )を立てようと思っている人は眠るように思います。見解を立てようと真剣に拈提するので眠らないだろうと思ったら大間違いです。見解が出た途端に安心して眠ってしまう。だから一炷( いつしゅ )の間に眠るか、二炷目、三炷目に眠るかはわかりませんが、見解を立てる人は、いつか眠る。大事なことは、公案を拈提( ねんてい )するときに公案三昧になることです。公案三昧になるとは公案の見解をひねり出すことではありません。公案そのものになってしまうのです。なんとなく見解をひねり出して、「まぁいいか、これで行ってみよう」となった瞬間に坐禅が自分の中で終わっているのです。だから眠る。

 本当の坐禅の目的、公案拈提の目的は三昧になることです。 しかし、相当熟してこないと、この感覚が掴めない。それでも立て直し立て直して、坐禅そのものになっていく、公案そのものになっていく。そういうことを馬鹿のように繰り返す。すると眠る暇などないのです。

 たった一炷の間にも眠る人がいます。それはもう、そういうことだから、眠る。しかし、そこを我慢し、ここだなと掴まえた時その力最勝なりと坐禅儀はいっています。

 

「禅宗四部録 坐禅儀提唱」(平成三十一年一月五日 提唱を抄録 鉄舟会齋藤)